calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

ブログ村ランキング

たまらんな。全く。やる気を削ぐような記事だぞ☆

ネタがない。

生きてるけどな〜。あんまり思う事がないっていうか、ちょっと頭の線が3本ほど途切れてる気がしてる。(もっと多いやろ。)

 

こう、生きづらい人のなんとかは、他人様の精神力を削いで回るのが得意というか、ご迷惑お掛けしますという具合なのであまり書くことがない。

そう、なんかこう「当てて」しまう感じ。

なので精神的にしんどいわ、という方にはオススメできない感じの記事の出来である。

 

なにを書こうかと思いつつ、そういえば最近は何をして精神力を維持していたかというと、竹原ピストルさんと小野田寛郎さんだったような気がする程度には元気がなかった模様。

小野田寛郎さんの「生きる」。そもそもなんで家にあるねん(笑)

まぁ、あの第二次世界大戦を生き延び、かつ、30年も上官の命令が下りるまで投降しなかったのだから、文章からほとばしる生命力にすがりつきたい気持ちにもなろうかというもの。

 

そんな頃、はたと気がつけば、血圧も190/114という高い値をたたき出し、本人も驚く有様。

 

血圧の薬は切らしてはいけませんな。

 

 

さて、頭の中には何があるかというと、人に対する生産性という言葉のなんとかで、そう言ってる君に生産性はあるのかね?と正面切って問い直せない、チキンな自分をぼんやり眺める情景が残っているくらいでしょうかねぇ。

 

いつから人は工業製品のようになってしまって、役に立たないものが出てくるようになったのか。

そもそもの人の営みなど、子供のおもちゃのようなものではないかしら、なんてことも時折思ったりするといろんな事にもう意味など見いだせなくなって、とうとう3日でも4日でも寝込んでいられそうな心持ちになってしまう。

 

ところがどっこい、そもそもの前提が間違っていたらどうだろうか。と、考え直してみると、やはり人のなんとかにそれほど意味が元々ないのなら、肩の力でも抜いて気楽にやれば良いものを、とも思い直す。

 

「生きる」を読みつつ、国の偉いさんに逆らえないのが庶民ということになっていくのなら、国とはなんですか。と学校の先生方に聞いてみたいもんですな。最近の選挙でも何でも、じっと眺めてみますと、日本語は崩壊してる、聞かれたことには答えない(答えられない)、はぐらかす、まぁ、なんでもありやんかぁ。って、こんなん毎日見たり聞いたりしてるのに、まともな方がどうかしてるぜ。とは思ってる。から、ちょっとはまとも???ヽ(゚∀。)ノウェッッ☆

 

まぁ、こんなことを書けるということは、世間とはズレてるとは理解してるけれどねぇ。

出来ること(があるけどする気)もないので削げていくのかなぁ、とは気づきつつあるこの頃。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  • 2018.11.14 Wednesday
  • -
  • 08:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする