calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

categories

archives

ブログ村ランキング

後日談。(笑)

観たくもない映画に強制連行はなくなり、逆に強制終了になった。(笑)

「嫌」と思うと相手の仕事にトラブルが発生したり、

相手の家族が命に関わる状況が降ってわいたりするので、私にとっては幸運である。(笑)

まあ私に黒魔術の力でもあるのなら嬉しいが(笑)、

残念なことに良くも悪くも奇跡のような偶然は確率的に起こるのだから、

何回そういう経験をしても最後には意味付けをバッサリ斬る。

もちろん意味付けをした方が人生(感情)は豊かで楽しいのだろうから、

人に話す時はいかにもそれっぽく話す。(笑)

そういうのを信じている者達にとってはそれが真実(偽)であり、

人を滑らかに動かすには相手の土俵に乗っかってやるのが手っ取り早い。

くだらぬ信念や自己の尊厳なぞを持ち始めると争いが生まれるが、

どちらを選んでも損が無いのを知っている者は無駄な争いは回避できる。

 

どちらを選んでも、と書いたが、これは

たとえ自分に被害があっても、という状況も含まれる。

この時点で大多数が脱落する。

被害を受けるならそれは損ではないかと指摘されそうだが、

被害イコール損、という前提を信じている者には話が平行線で終わるからあまり話さない。

被害を受けようが受けなかろうがもれなく最後に平等に死を迎えるのだから、

そういう前提を持つ者は人生自体が「損」だと言っているのも同然なのである。

自分で自分の人生を否定しておいて、何が被害だ。(笑)

 

多分平均水準以上の幸福感が減ると、損だと言い出すのだろう。

それは目に見える金品から感情、アクセス数やら構ってくれる人数、罵倒したい相手の有無まで幸福感の材料になる。

他ブログでよく見かける。(笑)

我々は日々食物以外にもこれら材料を調達するためにあくせく奮闘する。

最終目的は生存率を上げるためである。

我々は生まれながらにして「生」の奴隷である。

生にりっしんべんを付けたくてウズウズするが。(笑)

その奴隷から抜け出すことを目的にしたり求めたりしたのが教祖サマ達であったり名もない哲学者だったりするのだが、

それもまた片手落ちになるのである。(笑)

ちなみにりっしんべんの生の奴隷から抜け出す方が簡単そうである。(笑)

 

何を書いても片手落ちならどうすればよいのか、

「何も書かない」が正解である、と言った途端にこれもまた片手落ちになるのである。(笑)

じゃあ正解はどこに?

ここに。

あなた方が日常と呼ぶそれが。

 

余談だが、愚息が二日間だけ(笑)不登校になった。

とうとう俺にも親の気持ちが分かる日が来たか?と思って喜んで

1日中俺様とゲームやって動画観てペットをモフって過ごそう!とワクワクしていたら

二日で耐えきれずに登校してしまった…(笑)

なんて脆弱な。

竜宮城行っても一時間で帰るタイプだな、こりゃ。(笑)

ちなみにそのうち一日は俺が寝坊したせいにされている。(笑)

受験生なのでもう授業がほぼ無いから自由登校というのが正しい状況なんだが。

社会に出てうまくやる能力よりも、

独りに耐えうる能力の方が貴重だと思うんだがなー。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  • 2019.03.13 Wednesday
  • -
  • 14:50
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする